恭加の部屋

アラフィフ・シングルキャリアガールの日々を綴ります

独女の食卓40 変な女

今日は1人で回る日。
いつものお店でランチ。
カウンターに座って、ママとお喋りしながら
食べるのが定番だけど、
カウンターが満席で、仕方なく離れたテーブル席に座った。


お一人様ぽい女性の声とママの声が聞こえる。
「私はね、年収が1.000万以上の人じゃないといやなの。」
何?この会話?
「歳は50代で、奥さんが死別で、子供がいない人じゃないとダメなの。」
ママが言った。
「そんな人っているんですか?」
「それがね、東京とか都会にはいるのよ。」
へえー?そうなんだ。
でも、そんな高飛車な条件出す女の人って?
どれだけいいオンナなんだ?


私は気になって首を伸ばしてその女の人見た。

愕然とした。


ただの私くらいの歳の普通の、
それも仕事がいかにも介護系の
ポロシャツとジャージズボンを履いたどちらかと言えば…
地味なオバさんだった。
何やら女性がお金を払う会員制の
婚活センターの会員になってるらしい。
「でもね、東京に今更この年で行くのもね…。」
で、その方は先にお店を出て行かれた。


あとからママから聞くに
バツイチ子ありなのだとか。


よく私はあなたは理想が高いから結婚しなかったんでしょう?
とか言われるんだけど、
決してこの女性みたいに年収1000万とか
考えた事もないわ。
前^_^ここのブロガーさんが誕生日占いというのを貼り付けていて、
私は、自分より、少しくらい収入が少ない人で、
癒される男性の方が上手く行くと書いてあった。


(それって紐? )


でも、確かにそうかもしれない。
年下君が好きだしね。
しかし、この方?まあ、悪い方ではないが、
よくそんな事、言えるわと呆れた。
そんな条件の男性がいたら、東京でもどこでも行くわー!


「でも、その人、すごい不細工なんよ。
顔?お金があれば、どうでもいいのよ。」


えー?ブッサイクなの?
エッチできるの?
結婚するってそういうことよね?


私は無理だわ。好きじゃないと
いくらお金があってもムリ。
目を瞑って我慢してエッチするの?


私、そこまでして結婚したいのか?
自分は連れ子なのに、
なんて、欲深いんだろう?
自分が何様なんだろう?と思いました。


でも子供がいるからこそ、
お金に執着するのかもしれない。


若い頃はそうでもないけど、
私らくらいの歳になると、
案外、地味系オンナの方がコワイ。
私の偏見かもしれないが、
玉の輿を狙うとか、
不倫に足を突っ込むオンナは、
大抵、地味なオンナが多い。

よく、ジイさんを騙して保険金殺人して捕まるオンナ、

えー?こんなブスオンナにひかかるの?

男は、ジジイになってモテなくなると

女で、ちょっと優しいとすぐひかかる。

綺麗なオンナは敷居が高くて、振られそうだとプライドが高いから

手を出せない、ダメな生き物なのだ。

一見、派手に見えて、理想高そうに見える
私みたいなのは、実はそうでもない。
プライベートは意外に地味だし、
紐の方が、向いてるみたい。


久々、変なオンナオバちゃんを見てしまった。



お昼のランチ、やはりプロはうまいよな。


今夜は焼き餃子とおそうめん。


餃子はチルド、今日は上手に焼けなかったわ。