恭加の部屋

アラフィフ・シングルキャリアガールの日々を綴ります

独女の食卓79 占い当たる!

こんばんは。
今日のお昼のランチ、からあげ定食でした。


私は最近、朝来る占いアプリにはまっています。


それは健康維持のためのアプリなのですが
最近、毎朝、占いを送ってきます。
今朝は・・・
「よくも悪くも、びっくりするようなことが起こります。」
え~~~?
また、何か起きるのかしら?
もう、毎日だからいいわ(汗)


今日は明日、台風が来るから
今のうちと次のイベントの勧誘に回りました。
20件はまわったわ!
(留守もあるけどね、そういうときは案内状だけはポストに入れて帰ります。
 後日、再訪問か電話します。)
何事もなく事務所に帰ってきました。


帰るなり、上司が
「恭加くん、ちょっといいかな?」
と少し離れたミーティングスポットに私を誘う。


え~~~?私、また何かやらかしたのかしら?
今日は何もしてないぞ!
何かお客様からクレームの電話でもあったのかしら?


私は少し、神妙な顔をしてそこに行った。
部長、曰く、
「恭加くん、この上期の社内表彰、うちの支社で君を推薦しておいたから。
 そのつもりでいるように・・・。」
「(ぎょぎょぎょ!声に出していないが・・・)私ですか?
 私でいいんですか?」
「君は上期予算出しているし、いろいろ頑張っているからね。
 まあ、いろいろ問題もあったが・・・・」


こないだの失敗した件ね・・・・


「だから、今以上にみんなから見られていると思って
 言動とか気をつけてくれ。」


私、けっこう思ったことを後先なく口走っているらしい。
「え~、なんでそんなことするの?!」
みたいなね、自分ではあまり悪いと思ってないんだけど
おかしいなと思ったら、ぶつくさ文句を言ってるらしい。


「はい、わかりました。自重します。ありがとうございます。
 今後も宜しくご指導ください。」
と、とりあえず2歳年下の上司(男性)に言っておきました。


17年前に今のマネージャー昇格試験を受けたとき
思ったんだ。
これで一発で受かったら、これは結婚するなということだな・・・と。
36歳のときだった。
もし、このとき試験に落ちていたら、私は前彼と結婚できていたかもしれない。


今回も思う。
もし、この試験に受かったら
これはもう一生結婚はなく独身で生きろということだなって・・・。
カレともただのなんとなく付き合っているで終わるかもしれない。
でも、なんとなく、周りから固められているような・・・
独身で生きる道。。。


社内表彰は正直嬉しい。
支店で4名しか選ばれない。


占い当たりました。
よかった、悪いことじゃなくて・・・。

夜は半額で買ってかえったスーパーのお寿司だけ。
なんか物足りなくてそのあと、ポテチ一袋食べてしまった・・・・。
痩せないといけないのに。ぜんぜんだめですね~(汗)


じゃ、またね!