恭加の部屋

アラフィフ・シングルキャリアガールの日々を綴ります

独女の食卓80 台風の中、佐賀県有田まで日帰り

こんばんは、今日の台風、特に大阪を始めとして、被害がひどかったみたいですね。
ここでの皆さんがどうぞ、ご無事でいらっしゃいますように・・・。


こんな日に、今日は出張で佐賀県有田まで行ってきました。
幸いにも西方面は新幹線もぎりぎり止まってなくセーフでした。
まずは博多につき、そこからレンタカー3台で有田まで向かいました。

九州は雲は多かったですがまずまずのお天気でした。
約1時間後、武雄温泉そばで伊万里牛の焼き肉屋さんでお昼を頂きました。
昼からビールも一杯だけいただきました。

そこから、車で約30分、今回は作家さんを訪ねて、勉強するのが目的でした。
ほんと田舎の中に、素敵な工房がありました。

思わず通り越しそうな入り口にて・・・。
いやはや、おばさん体型でお恥ずかしい・・。
髪は少しアップにしたサイドに少し髪が見える変形ポニーテール。
長いので今はまとめています。
こないだ買ったバックと靴で行きました


この作家さんは今有田焼では、一番人気がある作家さんです。
山の中に、素敵な工房をここ数年の間に作られました。
静かな環境の中、すてきな木造建築の建築物としてもすばらしい工房でした。
この建物の構造は、今度ある東京オリンピックでも採用されたメイン会場の
競技場と同じ工法でできているそうで、木の香りのする北欧風の素敵な
建物でした。
そこに並ぶ焼き物のオブジェはほんとうに美しかった。


有田焼は分業で、若い職人さんたちが手仕事で細密画を書かれていました。
若い女性が多い印象でした。

上:作家さんの書斎、作品を作るために3000冊以上の本を読まれて構想されている。
下:北欧風なカフェ、ここで手作りの飲みものをいただきました。
  私は、野菜ジュース。セロリがたっぷり、くせはあったけど美味しかった・・・。

とにかく空間と有田焼のマッチングがすばらしい。

1300度で炊く窯。ガスで炊くそうです。


作家さんを囲んで、今回参加したメンバーで記念写真。
赤いハートが私です。
女性はもうひとり先輩の女史も参加。あとはみんな男性です。

帰りはまた博多まで戻り、博多に来たら必ず食べるとんこつラーメン!


なんとか無事帰宅。よかったです。
何も起きなくて・・・。


おみやげは大好きな努努鶏、明太子せんべい、なんかおいしそうなので買った
おまんじゅう、冷蔵庫にはもちろん明太子(笑)


作家の作品に対する思いをとても感じました。
今日、感じた感動をお客様にお届けし、実のある心に残る仕事をしたいです。
日帰り断行で疲れましたが、行かせていただいてよかったです。
明日も仕事です。


じゃ、またね!