恭加の部屋

アラフィフ・シングルキャリアガールの日々を綴ります

独女の食卓95 カレの仕事ぶり

こんばんは!
昨日と全く同じおかずの晩御飯。
だって二人分作ったからね。
角度をかえて撮りました。


今日はカレのところの大きなイベント会でした。
カレは相変わらずの仕事ぶり。
私は今回、実はそんなに売り上げはよくありませんでした。
久々の負けかな?
カレのファンのお客様が一度に重なり、カレもかしこいから
一番売れそうなお客様に優先的につくから
私のお客様は結果的にお二人様だけゲットで
あとは売り逃しになってしまったから。
でも、全体は思ったより最後に売上は伸びました。
他のセールスの人は、カレの恩恵を受けた人も多いはず。
やはりカレが入ると、ビシッとしまる。


夕方、少し空いてきたとき、私はカレに
「ねえ、疲れたしコーヒー飲みに行きましょうよ。」
と堂々と誘って、会場をぬけてコーヒーを飲みに行った。
私のおごりで・・・。
(誘ったのは私だから・・・。)


カレとは10月にはいったら行く東京行きで、
2日目に女史さまとカレの元部下M君と飲むことにした。
二人きりはないけど
それでも嬉しい。


カレはコーヒーを飲むとだらだらせずに
すぐ戻っていく。私もついて出た。
基本まじめ君なのだ。


今回、カレとの恋は素敵すぎるほど、濃厚な時間だったから
恋愛運がよかったぶん、仕事運が少し落ちた。
そんなもんだ、なかなか両方はない。
でも、恋が順調なほうがいい感じ。


今日、お客様から何人も
「今日の恭加さん、きれいね。」
と言われた。
恋のチカラだよ。
新しいワンピースもかわいかったしね。


でも、、ほんと疲れている、
カレも同じ街で今頃眠っていることだろう。
私は仕事が終わったあと、カレのところに改めてのご挨拶は
行かなかった。
私たちは反省会の晩礼があるし、カレたちは商品の撤収があるから。


バス停でカレにラインした。
「お世話様になりました。
 東京まで気をつけてお帰り下さい。
 10月2日はよろしくね。」


5分もたたない頃、カレからLINEが返ってきた。
「ありがとうございました。」


もう夜は電話もLINEもしない。
きっと上司の常務さんと夜は飲んでいると思った。


カレも私もくたくただから。
私はさっき湯舟でうたた寝してた。


カレは始発の新幹線で帰る。
起きれたらベランダから見送りだな。


私は明日は昼からの勤務にした。
ちょっと鼻かぜぎみだから
耳鼻咽喉科に行っておこう。


私は私で、カレはカレでそれぞれのお客様を
接客した。
ときどき、ちらっとカレを目で追いかけた。
そして目が合い、お互い無言で確認しあう。
その瞬間が楽しかったけど
つい昨日は、このリビングにカレがいた。
そのときのことを思うだけで
私は幸せな気分です。


じゃ、またね!


ありがとう、大好きなカレ・・・。