恭加の部屋

アラフィフ・シングルキャリアガールの日々を綴ります

独女のお茶タイム 単なるぼーっとする

朝は8時半くらいに目覚めた。

でも今、やっと起きた。

もう、昼前だ。


取り敢えずコーヒーを入れた。

ほんと買ってよかった。

コーヒーメーカーマシーン。

私の休日の充実にお役立ちです。


起きてから私はムラゴンを見てた。

コメントを返したり。

ナイスを下さっている方のブログを

覗いたりしてたら

この時間になった。


昨日まで、4月末の月末に追われていた。

私の人生は悲しいかな、

仕事が3分の2で、

プライベートは全く充実してない。


旅行の計画とか、事前にする

心の余裕がない。

仕事は好きだ。

売上に追われ、毎日が戦場だ。

でも、お客様の笑顔、

売上が達成できたときの高揚感。

で、満足してしまう。


給料は世間的には低い。

土日祝日がいつも休みではない。

労働時間が長い。

はっきり言ってブラックだよな。

今の若い人は根付かない。

すぐ、やめてしまう。


ただ、私は女の割には頑張っているから

日本の女性の平均給料よりは

稼いでいるかもしれない。

だからマンションもまだローンは

あるけれど買うこともできたし、

外食もよくする。


そもそも日本は特に男女の賃金格差がありすぎるし、

政府が女性の活用をと言ってるけど、

公務員や大手さんは進んでいるけどね。


都会と地方で格差もあると思うけど、

女性で独身で働いても

何年働いても、給料は上がらず、

16万くらいで生活している人はザラザラいる。

親が同居ならまだましだけど、

親が亡くなって一人暮らしになると

家があるとまだいいけれど、

困窮する。

年金だけだと、きびしいよな。

女性1人だと。


私も今はいいけどね。

先はわからないなあと思う。

給料ベースが低いと

年金も下がる。


私が男だったらたぶん

もっと昇進していたかもしれないと

思うなあ。

上層部は男性なので、

次期リーダーはやはり男性をと、

独身で頑張ってきたけど、

女性の私は昇進試験に推薦はしてくれなかった。

男性がよい営業成績がとれるよう

売上が上がりやすい地域の担当に

配置する。


女性は私に限らず、厳しい地域に配属されることが多い。

君に期待しているんだと言いながら。


私はいつも売れない地域に置かれて

そこを開拓して売上を伸ばしてきた。

若い新人が入ってくると

いつも私の下につける。

当然、売上はまだ新人は厳しいので、

私が売りまくってカバーするしかない。


でも評価されなかった。

上司はお気に入りの男性を

早く昇進させたくて、

男性ばかり、理由をつけて表彰したりして。

対して優秀でもないのに。

売れて当たり前だ、よい顧客ばかり担当にしてもらう。

売れるから新規開拓もしていない。



私はそのことを今回、

人事部の本社向けに自己申告で書いて出した。

もう、今更、この年で上がることはないしね。

野となれ、山となれってね。

そうしたら、

今期、久々のA評価がついた。

給料がわずかながらアップした。


今の政府の時流に会社が少し敏感になったのかもね。