恭加の部屋

アラフィフ・シングルキャリアガールの日々を綴ります

独女の食卓16 またなんとなくぼーっと

今日は部屋で一人、たそがれていましたら、
やはり寝ていました。
一度16時に目が覚めたけど、また
18時まで寝てました。


どうも休みになると、
私は昼と夜が逆転するみたい。


今夜はあっさりと。
焼き鮭
洋風味噌汁、昨日のお昼のスープに味噌を入れただけ
納豆と明太子、ネギをまぜまぜ
きゅうりの酢の物
昨日買ってきた小皿、小鉢を早速使いました。


私は自分のLINEでもここと
同じ内容をタイムラインで飛ばしています。


そちらは顔が見える友達、知り合い、そしてカレ。
カレは、付き合う前は
イイねをくれたり、たまにコメントしてくれてました。
しかし、今は無視です。
たぶん、私とカレが深い仲になっていることを
周りに悟られたくない。
だから、見てるけど反応はしないのだと、
思ってます。


おやおや、外で雷⚡️の音がします。
今年初めてかも。
日中はあんなに天気が良かったのにね。


昨日の私のお買い物騒動に
反応してランチしない?と
女友達からLINEがきました。
のどぐろチップスにやはり反応してました。


今日のお散歩の花の画像に
今、福岡にいる女友達からもLINEがきました。


「思ったより花の命は長い。
まだまだ、頑張れるよ、私たち🧡」


彼女はバツイチで二人の息子さんを
育ててました。
離婚したのは、旦那さんが浮気を
したからだとか。
離婚したあと、働き始めた会社で
やはり離婚して、バツイチ独身だった
5歳年下の男性に惚れて、
付き合うまでに3年かかって
落としたそう。


途中、その彼が転勤になって
高松に行って、彼女は仕事をやめて
彼を追いかけ、籍は入れずに同棲。
二人の息子さんは就職、大学進学で
独立していたので
できたと言ってました。


そのあと、彼氏について
日本全国転勤し、
その度に仕事をやめて
ついて行きました。


そして昨年の12月に
めでたく籍を入れたのです。


やはり一度結婚して
子供がいる女性は強いなあと
思います。


私が仕事をやめて
カレの元へと思うこともありました。
カレの転勤が決まってカレが
地元に帰るとわかったとき、
私はマジで、カレの地元で
仕事はないか、転職サイトで探したりしました。


しかし、年齢的なことや今の収入より
当然ながら給料は下がる。
マンションのローンが払えない。
私は、自分の家を持つことが
夢だったから、なかなか売却は
考えらない。


で、今の状態になりました。


不倫をしている女性と
環境は違えど、あまり変わらないなあと。
捨てきれない家族、
私は仕事がある。


愛を取るのか?
家族を取るのか?


私は愛と仕事、唯一の資産マンション、
どれも捨てれない。


私の友達は
愛を1番に取れました。
仕事はその気になればなんでもできると。
ただ、同じ仕事を何十年も
続けてきたかと言えばそうでもない。
仕事への凝りがなかったから
できたのかもしれない。


人生において何が一番優先されるのか
それは人それぞれだから。


でもまだまだ花は長いと言える彼女を
私は羨望の眼差しで
羨ましく、女として尊敬してしまうのです。
彼女はもはやアラカンとだけお伝えいたします。
たしか、彼女の彼氏と私が同い年だったような…