恭加の部屋

アラフィフ・シングルキャリアガールの日々を綴ります

独女の経験談

昼間、寝すぎて寝れません。
先程書いたブログで自分でもこれはちょっといけないわねと思うところが
あったので言い訳させてください。
不倫している男性はちび、禿げの人が多いというところです。
ここの人達のことではありません。


私は別のところで書いていたとき、とある60代のおじさまと
ブログ上、仲良くなりました。
男女の関係とかでなく、いち個人としておもしろい人だなと思って
メール文通みたいな感じでした。
その方は、知り合った頃は、奥様と別居中で離婚予定でした。
すでに、人妻の50代の奥様とできていらっしゃいました。
自分は離婚するつもりだけど、相手の人妻は、私は離婚する気はない。
単なるあなたとはセフレの関係だけでよい。
でも私以外の女ができたらすぐ別れますと言われていたみたいです。
そこまで割り切って付き合えるのなら、私はすごいなあと思いました。
私は自分のカレとのことを、そのおじさまに相談していました。
どうしたらもっとカレの心をつかめるのか?男目線でいろいろ教えてくれたので
私の中では、男友達みたいな感覚でした。
ただ、仕事で私はそのおじさまが住んでいる街に行く機会ができました。
前々から、こちらに来られる便があれば、食事をご馳走しますよと言われていたので
連絡を入れて、この2月に初めてお会いしました。
私は仕事の後だったし、日帰りでしたので食事、お茶をして帰りました。
そのおじさまは背が低く、頭はつるっぱげでした。
顔立ちは彫の深い端正なお顔立ちでしたけどね。
正直、そんなにぱっとはしない。でもとても紳士的でした。
お会いしたあと、その方からメールが来ました。
楽しかった、もし、H市までなら私も行けますから
また会いましょうと。
私はそのあと、仕事が超立て込んで返事がなかなかできずにいました。
そうしたらまたメールが来たのです。
その、内容は・・・
私はあなたに会って、自分の欠点に気が付いたのです。
私はあなたと二股をかけたくなりました。
あなたが好きな人がいると知っていて、それでもあなたを自分のものに
したくなりましたが、あなたがなかなか思い通りにならないので
このまま、メールのやり取りをしても私はあなたに対して
嫌がらせをしかねないので、少し距離を置くことにしました。
あなたにメールをよくしたのは、あなたに近づきたかったからです。
私は付き合っている彼女がいても
やはり他の女を抱きたいと思う悪い男です・・・と。
それからそのおじさまからはメールは、ぱたっと来なくなりました。


私は全くそんなつもりはなかったので目からウロコでした。
その時から私の頭の中には、不倫する男性はちびで禿げという
公式ができてしまったのです。
人妻に手を出す男は、結局快楽目当てで
たぶんチャンスがあれば、すぐ乗り換える。
このおじさまの付き合っている人妻さんみたいに
割り切れる女性なら不倫でもなんでもしたらいいけど、
一番厄介なのは、これが本当の純愛なのだと勘違いしている
女性は本当に危険です。だから私は女性の方には
警鐘を鳴らしたくなって、いらないコトを書いてしまうのだと思います。


別のブログで恋多き男性もいました。
その男性はブログ内で自分はちびで禿げだと書いていらっしゃいました。
そんなわけでございます。


くだらない内容のブログお許し下さい。
また、明日から精進します。