恭加の部屋

アラフィフ・シングルキャリアガールの日々を綴ります

独女の食卓28 今日もお仕事頑張りました!


今日もイベント催事の日。
街中のおしゃれなベーカリーレストランを貸し切って
お客様をご招待して食事をしていただき、
商品を販売するのだ。


今日の商材は難しい商材で苦戦が予想された。
私も正直、自信がない。
イベント催事なんて蓋を開けてみるまでわからない。
乗るか、反るか、
ほんと博打のようなものだ。


商材的には高額なものが多いが
私はそんなに高額品を買える顧客はいないのだ。
私は平均単価25万と想定した。
4人買って頂いて、100万売る。
来て下さるお客様は、8名。


ほとんどのセールスは2~3人しか動員しないが
私はいつもたくさんの方が来て下さる。
とてもありがたいことだ。


今日はそのうち4名の方が、
お付き合い下さって100万以上販売できた。
今日、100万以上販売できたのは
私を入れて3人だけだった。(総勢20名)


特に最後のお客様は、
なかなか難しい方で買われない方だったが
今日は奇跡が起きた。
私が提案した商品を気に入って下さって
すんなり買われたのだ。


自分でもびっくりしたが嬉しかった。
カレのパワーが効いたのかもね。


今日は食べようと思えばお客様と同席して
ランチを食べれたが
私は敢えて食べなかった。
お客様全員にきちんと接客したかったし、
一人しか呼ばずに、お客様とご飯している
おじさんたちもいたけど、
そういう人に限って売ってないやつが多い。
売れないのなら、食べるなよと
私は心の中で思うけど。。。


今日のイベントの責任者の課長が
「恭加さん、ごはんも食べてないんですよね。
 取引先様用にとったお弁当が余っているから
 それを食べて下さい。」


嬉しかったなあ。
私は下のパン屋で、サンドイッチとあんぱんを買っていて
少しの切れ間に食べていたんだけどね。


それで独女の食卓はお弁当をお皿に移し替えて
チンしただけ。
冷蔵庫の中のおかずとスープを二品足しました。
手を抜くときは抜かないともちません。


カレにも売り上げ報告のLINEをとばしておいた。
24時前に既読になったけど
カレも今日は大変だったと思う。
日帰りで20名くらいのお客様を
貸切バスに乗せて、東京に連れて行って販売しているはずだから。


楽しいけれど、接客は神経を使うから
肉体労働とは違う疲れ方なのだ。


だから彼は既読をつけるだけで精一杯のはず。
カレもきっと売れていると思うわ。
私たちは最強のコンビなのですから(笑)